医中誌Web(Ver.5)の第二段階リリースに関するお知らせ

12月22日(木)の6時、医中誌Web(Ver.5)の第二段階のリリースが行なわれますが、
今回は「My医中誌」のリリースが見送りとなりました。
        
「My医中誌」のリリースの日程につきましては、決定次第ご案内があります。
その他の内容につきましては、下記のとおり予定通りリリースされます。
        
<第二段階のリリース内容>
・フォントの文字色を濃くするなど、より見やすい画面への改訂
・あいまい検索と入力補完
・検索結果を絞り込み条件で出し分けるフィルター設定機能
・管理者機能の拡張 など
        
下記のサイトに詳細な内容が掲載されています。
http://www.jamas.or.jp/news/ver.html#R2
        
ご不明な点がございましたら、医学中央雑誌刊行会 電子出版課までお問い合わ
せください。 

【朝日新聞社】聞蔵・システムメンテナンスのお知らせ(12/21)

 下記の日程で「聞蔵」のシステムメンテナンスが予定されています。
 メンテナンス中はすべてのサービスが停止します。

【メンテナンス実施日】
  2011年12月21日(水)19時~21時

 なお、「聞蔵」シリーズのサービス画面にも、メンテナンスのお知らせが掲載されます。

メディカルオンラインの利用について(お知らせ)

今年度の契約文献数 1597 文献を超えましたので、今年度は利用できなくなりました。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解ください。
     
今後は、本学図書館に所蔵している資料は図書館で利用してください。
図書館に所蔵していない資料については、文献複写依頼ができます。
MYCARINまたは図書館カウンターにてお申し込みください。
     
雑誌によっては、その他のサイトで利用できる場合もありますので、全文表示は下記等を参照の上で利用をお願いします。
     
・J-STAGEジャーナル一覧(http://www.jstage.jst.go.jp/browse/_journallist/-char/ja#B
・CiNii 登録の学術雑誌一覧(ディレクトリ)(http://ci.nii.ac.jp/cinii/servlet/DirTop? TZ=20050407100847289
     
以上、ご協力のほどよろしくお願いします。

EBSCOからのお知らせ

EBSCOからのお知らせを掲載します。
    
1. A-to-Zに機能追加が行われました
    
2011年12月9日にA-to-Zに機能追加が行われました。
詳細は下記URLの文書をご参照ください。

http://www.ebsco.co.jp/training/A-to-Z_Enhancements_201112.pdf

    
2. A-to-Z/LinkSourceに関してオンライン講習会が開催されます
    
ご登録は以下のページよりお願いいたします。

http://www.ebsco.co.jp/cgi-bin/go_webex?type=azls

    
「今後開催されるオンラインチュートリアル(オンライン講習会)に登録する」
の下にリストされている中からご希望のセッション名をクリックしてください。
    
以降の手順は以下のURLのPDFファイルをご参照ください。

http://www.ebsco.co.jp/training/WebEx_registration.pdf

    
なお上記の「オンライン講習会」ページからは、過去に行われた回の記録済みセッ
ションをご覧いただくことも可能です。
ライブのセッションにご都合の付かない方はどうぞご利用ください。
(こちらの音声はパソコンの音声出力機能利用のみです)
    
●セッション名●
A-to-ZおよびLinkSourceの概要(約60分)
◇概要◇
A-to-ZおよびLinkSourceの概要をご紹介いたします。
簡単なご説明のあとにデモを通して実際の画面をご覧いただきます。
A-to-Zの簡易OpenURL受信機能についてもご紹介いたします。
◇開催日時◇
2011年12月15日 13:00
—-
    
ご登録は以下のページよりお願いいたします。

http://www.ebsco.co.jp/cgi-bin/go_webex?type=azls

(このメールに記載以外のセッションを追加する場合もございます)
    
オンライン講習会はCisco社WebExサービスを通じて行われます。ご利用のパソ
コンからWebブラウザでアクセスしてご利用いただけます。パソコンの音声入出
力機能、あるいは電話(料金無料の番号が利用可能です)を通してセッションに
参加できます。
(記録済みセッションの閲覧はパソコンの音声出力機能のみ利用可能です)
    
パソコンの音声入出力機能ご利用の場合はネットワークの帯域あるいはパソコン
のパフォーマンスによって音声がうまく聞こえない場合がございます。その場合
は電話でのご利用をおすすめいたします。(途中で電話に切り替えることも可能で
す)
ご参加の手順は以下のURLのPDFファイルをご参照ください。

http://www.ebsco.co.jp/training/WebEx_attending.pdf

    
たくさんのご参加をお待ちしております。

エルゼビア オンライン説明会のご案内(12/16)

 下記の日程でオンライン説明会が開催されます。ぜひご参加ください。

・テーマ:Article of the Future ~エルゼビアが考える新しい論文の世界~
・日付: 2011年12月16日(金)
・時間: 10:00~10:45

----------------------------------
お申し込み方法
----------------------------------

下記のURLからお申し込みください。
→ http://japan.elsevier.com/trainingdesk/

お申し込みされた方には、説明会への参加方法を説明した確認メール
(自動返信メール)が送られます。確認メールが届かない場合は、
お手数ですが下記の連絡先にお問い合わせください。

申し込みページから、説明会で使用するPowerPoint資料をダウンロードする
ことができます。

----------------------------------
説明会の概要
----------------------------------

電子ジャーナルの普及によって学術論文の配信形態の中心は冊子体からオン
ラインに移行してきましたが、利用者が読む論文の形態としては、依然とし
て冊子体(PDF)の人気に根強いものがあります。オンラインの学術論文を
根本から見直し、著者と読者にとって最適なフォーマットで表現する試みと
して、エルゼビアは、「Article of the Future」のプロトタイプを公開し
ました。これは、2009年にCell Pressジャーナルで提案された最初の
「Article of the Future」に改良を加えたもので、7つの分野のプロトタイ
プが発表されています。新しいレイアウトでは、各論文は3つのフレームで
表示され、中央にPDFの読みやすさを踏襲した論文本体、左側にナビゲーシ
ョンのための論文アウトライン、右側にアプリケーションや分野に特有なツ
ールが提供されています。これによって、論文の読みやすさ(readability)、
発見性(discoverability)、拡張性(extensibility)のすべてを追及して
います。この説明会では、Article of the Futureの開発背景と設計方針と
ともに、デモを交えてプロトタイプの各種機能を紹介します。

Article of the Futureのプロトタイプはこちらから。
→ http://www.articleofthefuture.com/

連絡先:

エルゼビア・ジャパン株式会社
 マーケティング 担当
E-mail: jp.pr@elsevier.com
Tel: 03-5561-5034 (代表)

年末年始の開館時間変更および休館について

【開館時間変更】
  下記の日は、開館時間を変更します。

      9:00~17:00開館
  2011年12月 23日(金)天皇誕生日 通常授業(体育学部・健康福祉学部)
  2011年12月 26日(月) 
  

【休館】 
  下記期間は休館します。
  2011年12月27日(火) ~ 2012年1月6日(金)

  休館中はご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力いただきますよう、
よろしくお願いいたします。

EBSCOhostオンライン講習会のご案内(12/15, 16, 19, 20)

下記の要領でEBSCOhostのオンライン講習が開催されます。
     
ご登録は以下のページよりお願いいたします。
http://www.ebsco.co.jp/cgi-bin/go_webex?type=ehost
     
「今後開催されるオンラインチュートリアル(オンライン講習会)に登録する」
の下にリストされている中からご希望のセッション名をクリックしてください。
以降の手順は以下のURLのPDFファイルをご参照ください。
http://www.ebsco.co.jp/training/WebEx_registration.pdf
     
なお上記の「オンライン講習会」ページからは、過去に行われた回の記録済みセッ
ションをご覧いただくことも可能です。
(こちらの音声はパソコンの音声出力機能利用のみです)

     
●セッション名●
EBSCOhostの概要(約60分)
◇概要◇
EBSCOhostの概要についての紹介です。
EBSCOhostはデータベースではない!? /さまざまな認証方法/基本検索と詳細検索
などについての説明です。

◇開催日時◇
2011年12月15日 10:00
—-

●セッション名●
EBSCOhostでの検索方法(約60分)
◇概要◇
EBSCOhostのデータベースにおける検索の方法についての紹介です。
ブール演算子や検索可能フィールド等を利用した検索方法の説明です。
◇開催日時◇
2011年12月19日 10:00
—-

●セッション名●
My EBSCOhostについて(約60分)
◇概要◇
EBSCOhostにおけるMy EBSCOhost機能についての紹介です。
My EBSCOhostにサインインすることにより検索結果を永続的に残すことのできる
フォルダ機能をはじめとして検索アラート、検索履歴などの各種の便利な機能が
利用可能になります。
◇開催日時◇
2011年12月20日 13:00
—-

●セッション名●
EBSCO統合検索について(約50分)
◇概要◇
EBSCOの統合検索 EBSCOhost Integrated Search (EHIS) についての概要の紹介
です。統合検索とは?統合検索とディスカバリーサービスの違いは?など
の説明を含めてEHISの使い方についての説明です。
◇開催日時◇
2011年12月16日 10:00
—-
     
ご登録は以下のページよりお願いいたします。

http://www.ebsco.co.jp/cgi-bin/go_webex?type=ehost

     
オンライン講習会はCisco社WebExサービスを通じて行われます。ご利用のパソ
コンからWebブラウザでアクセスしてご利用いただけます。パソコンの音声入出
力機能、あるいは電話(料金無料の番号が利用可能です)を通してセッションに
参加できます。
(記録済みセッションの閲覧はパソコンの音声出力機能のみ利用可能です)
     
パソコンの音声入出力機能ご利用の場合はネットワークの帯域あるいはパソコン
のパフォーマンスによって音声がうまく聞こえない場合がございます。その場合
は電話でのご利用をおすすめいたします。
(途中で電話に切り替えることも可能です)

ご参加の手順は以下のURLのPDFファイルをご参照ください。

http://www.ebsco.co.jp/training/WebEx_attending.pdf

     
以上、よろしくお願いします。
     

最新のセッション情報は、下記のサイトで確認できます。

http://www.ebsco.co.jp/cgi-bin/go_webex?type=ehost

メディカルオンラインの利用について

平成23年度全文利用の年間論文数を850論文で更新しました。
前年度全文利用済論文数:917 (2011年3月31日現在)繰越残747文献

– 前年度繰越件数を含み1,597論文が利用できます。 –
  

2011年11月30日現在 利用文献数 1547文献  ( 50 文献
  

《注意!》全文表示を利用する度に全文利用可能論文数は減っていきます。     
    (アブストラクトは契約件数に含まれず、自由に表示できます。)
全文ダウンロードの際、料金が表示されることがありますが、個人への請求はありません。


年間利用可能論文数が限られているため、本学図書館所蔵資料は図書館で利用してください。
雑誌によってはその他のサイトで利用できる場合もありますので全文表示は下記等を参照の上で利用をお願いします。

メディカルオンラインのタイトル一覧と図書館所蔵状況(2005年3月現在)

J-STAGEジャーナル一覧

CiNii 登録の学術雑誌一覧(ディレクトリ)